最新情報News&Topics

WECスパ・フランコルシャン
アストンマーティンヴァンテージGTEが
2位と3位でダブル表彰台に

2020/08/18

2020.08.18wec_spa1.jpg

Immun'Âgeが2005年よりサポートを続けているアストンマーティンレーシング。
コロナ禍の中、長らくモータースポーツも自粛が続いていましたが、ようやくレースが再開され、嬉しいニュースが届きました。

8月15日に、ベルギーのスパ・フランコルシャンサーキットでFIA世界耐久選手権(WEC)の第6戦が行われ、GTE Proクラスにおいてアストンマーティンレーシングが2位と3位で表彰台に上りました。

ゲリラ豪雨に見舞われたほか、タイヤがパンクするハプニングがありましたが、セーフティーカー期間に懸命に差を詰め、激戦の末ニッキーティイムとマルコソレンセンが乗る95号車が2位でフィニッシュ。
それに続きマキシムマーティンとアレックスリンの97号車が3位でフィニッシュしました。
今期、アストンマーティンヴァンテージGTEは24回のレースのうち15回表彰台に上っています。

ティイム氏のコメント
「2度のパンクがあり、それは運が悪かったのですが、セーフティカー期間が2回あったため、追いつくことができました。そして、ポルシェとの激しい戦いが最後まで続き、10分の1秒が重要でした。チームにとって2台の表彰台を獲得できたのはドライバーズ選手権とマニュファクチャラーズ選手権において重要なポイントであり素晴らしいことでした。これにより、次のルマンに向けて少し余裕ができます!」

2020.08.18wec_spa2.jpg車体にはImmun'Âgeのロゴが

2020.08.18wec_spa3.jpg95号車

2020.08.18wec_spa4.jpgスパ・フランコルシャンサーキットでのレースの様子

Page Top